東京日建工科専門学校
日建工科だから抜群の2級建築士合格率

資格は夢をカタチにするための大切な要素です。
建築やインテリアのプロを目指すなら
資格を取ることで可能性がグンと広がります。
だから日建工科はみんなの資格取得のために全力投球。
在学中に取得できる資格がたくさんあります。

平成29年度 2級建築士試験最終合格率70% 全国合格率24%

1級建築士/2級建築士

ゼロから学んで、夢の建築士になる。(毎年2人に1人は日建グループ出身の合格者)

建物の設計から工事を含め、完成まですべてに関わる建築士は、建物をつくるだけでなく、街並みや生活環境、文化などを含めたライフスタイル全体のクリエーターです。

1級建築士は建築系資格の最高峰で、例年合格率10%以下の難関資格です。まずは、2級建築士を取得し、経験を積んで1級建築士を目指すのがスタンダードな道です。

  • ※2級建築士は建築設計研究科在学中の取得となります。
  • ※1級建築士の受験には実務経験が必要です。

主な活躍の場

  • ●建築設計事務所 
  • ●建設会社 
  • ●ハウスメーカー 
  • ●工務店 
  • ●建築リフォーム会社 
  • ●不動産会社 
  • ●独立・開業 etc

日建工科なら最短でとれる!

建築士はハードルの高い難関資格。
でも、「受験資格認定校」の日建工科なら最短・最年少、一番乗りで建築士になることができます。

◀ スクロール ▶

資格取得に強いわけは!

基礎からはじめるカリキュラム

高校までの復習を含めた基礎の基礎から
ステップアップ。資格取得と実務に必要なすべてが自然な形で身につきます。

理解しやすい充実の講義

CGやアニメーションなど、最新機能を駆使した講義はわかりやすさバツグン。もちろん資格試験の演習講義も充実しています。

在学しながら一発合格

在学しながら全員一発合格をめざす「建築設計研究科」では、的を絞った資格試験学習に集中し、合格後は建築士資格をもって就職ができます。

第一線で活躍する講師陣

建築教育や資格指導のプロ、業界の第一線で活躍する講師陣が資格試験をサポート。毎日の学習のモチベーションも高まります。

業界でも主流の設備・システム

試験で実際使われる道具や、業界で主流のシステムなどを日常的に使って学ぶことで、実践に即した使える力を身につけます。

建築業界の仕事を知ろう!

“ジブン”の可能性を広げる資格がたくさん!

  • 【国家資格】知識・技能を、法律で定めた制度による平等と公開の試験で認定する資格
  • 【公的資格】財団・社団法人・日本商工会議所が試験を実施し、官庁またはその大臣が認定する資格
  • 【民間資格】法律の制限や規制の範囲外に位置している資格

建築系

建築・建築設計

ゼロから自分の手で建築物を創り上げる

設計というフィールドを通して、将来住まう人たちに安全性と快適性を伴った建物を提供する、大事な役割を持った職業です。
完成した建築物を自分の目で確認したときは感動すること間違いなし!

建築士は専門分野ごとに以下の3つに分類されます。

  • ①建物のレイアウトや、デザインなどを決める意匠系
  • ②建物の構造的な部分についての設計を行う構造系
  • ③電気や空調など、設備関係を受け持つ設備系

※どの分野の仕事をするにも、建築士法によって定められた国家資格(1・2級建築士)の取得が必要となります。

必要な資格

建築士(1級・2級)

建物に関わる全ての工程に携わる建築士。設計のみならず住環境や地域性、文化などを含めた多種多様の業務を行い、建築物のオールラウンダーとして活躍が期待できます。
また、1級は建築系資格のトップで、例年合格率10%前後という最難関資格です。建築の基礎を学び2級を取得、実務経験を積み1級を目指すのが一般的な夢実現への道のりです。

※建築士(2級)は建築設計研究科在学中に取得が可能です。

※建築士(1級)の受験には実務経験が必要です。

試験内容

  • ●設計製図
  • ●計画(建築)
  • ●法規(建築) etc

主な活躍の場

  • ●建築設計事務所
  • ●建設会社
  • ●ハウスメーカー
  • ●工務店
  • ●建築リフォーム会社
  • ●不動産会社
  • ●独立・開業 etc

CADデザイナー・オペレーター

設計士の描いた建築物を実現!

CADデザイナーは設計士やデザイナーの手描きの設計図や下書きを基にCADソフトを使って、正確にデータ化していきます。
CADデザイナーが作成する図面データがなければ建築物を造ることができないため、その役割は非常に重要となります。

必要な資格

建築CAD検定

建築関係企業では様々なCADを駆使して設計業務がなされています。
そのような企業にとって、人材採用には当然、CAD技能(資格)の有無が重大なファクターとされることから、就職活動にも役立ちます。

試験内容

  • ●課題図面作成

主な活躍の場

  • ●建築設計事務所
  • ●ハウスメーカー
  • ●建設会社
  • ●不動産会社 etc

施工管理系

建築施工管理

建築現場の総指令官!

建築工事がスムーズに進むように施工計画を立て、材料の確保や人員の管理、工程管理・安全管理と、建物ができ上がるまでの全ての管理業務を行います。
まさに指令塔の役割をもった仕事です。

必要な資格

建築施工管理技士

施工技術の高度化、専門化、多様化が一段と進展してきている近年、円滑な施工と完成品の質的水準の確保を図る上で施工計画、安全管理、品質管理、工程管理を一挙にまとめる高度な技術スキルが求められます。

※在学中は、2級学科試験のみ受験可能です。

試験内容

  • ●建築学
  • ●施工管理法 etc

主な活躍の場

  • ●建設会社
  • ●工務店 etc

建築設備

建築物に欠かせない「空気・水・電気」の設備を管理

建物を設計する上で重要な水道や電気・空調管理について、建築士にアドバイスを行い、一体となって建物を造り上げていきます。

必要な資格

建築設備士

建築設備士は、建築設備全般(空調・換気、給排水衛生、電気等)に関する知識及び技能を有し、建築士に対して、高度化・複雑化した建築設備の設計・工事監理に関する適切なアドバイスを行える資格者です。
建築士は、建築設備に係る設計・工事監理について、建築設備士の意見を聞いた場合、建築確認申請書等においてその旨を明らかにしなければなりません。

試験内容

  • ●建築学
  • ●施工管理法

主な活躍の場

  • ●建築設計事務所
  • ●ハウスメーカー
  • ●建設会社
  • ●不動産会社 etc

インテリア系

インテリアコーディネーター

住む人の要望を形にするインテリアの演出家

住環境における内装の提案を担当するのがインテリアコーディネーターの仕事。
住む人のライフスタイル・目的を意識し、快適に過ごせるようにコンサルティングする業務を中心に活動します。

必要な資格

インテリアコーディネーター

インテリアプランナー

ライフスタイルや環境、風土、用途など様々な視点からコーディネートを考え、色の調和を図り色彩計画を立てたり、トータル的にプロデュースしていきます。
老後の生活も考え心地よい空間を創り出したり、さらには内部設計や工事監理を手掛ける総合的なエキスパートです。

※インテリアプランナーは20歳からの受験になります。

試験内容

  • ●学科試験
  • ●論文試験とプレゼンテーション・設計製図

カラーコーディネーター

生活の全てに色があふれ、色を変えるだけでイメージが一変したり、色の特性・性質が心理的効果をあたえます。
色の知識を身につければ様々なビジネスシーンで活用できます。

試験内容

  • ●色彩に関する物理学・生理学・心理学・側色彩

主な活躍の場

  • ●インテリアメーカー
  • ●ハウスメーカー
  • ●百貨店・インテリアショップ
  • ●建設会社
  • ●建築リフォーム会社
  • ●独立・開業 etc

インテリアデザイナー

人々を魅了するデザインを創造する

インテリアデザイナーは主に商業空間の企画や設計を行い、自らが創り上げたデザインをクライアントへ提案します。
自分のデザインが街や店舗を飾ることにやりがいを感じることができる仕事です。

必要な資格

インテリアコーディネーター

インテリアプランナー

ライフスタイルや環境、風土、用途など様々な視点からコーディネートを考え、色の調和を図り色彩計画を立てたり、トータル的にプロデュースしていきます。
老後の生活も考え心地よい空間を創り出したり、さらには内部設計や工事監理を手掛ける総合的なエキスパートです。

※インテリアプランナーは20歳からの受験になります。

試験内容

  • ●学科試験
  • ●論文試験とプレゼンテーション・設計製図

カラーコーディネーター

生活の全てに色があふれ、色を変えるだけでイメージが一変したり、色の特性・性質が心理的効果をあたえます。
色の知識を身につければ様々なビジネスシーンで活用できます。

試験内容

  • ●色彩に関する物理学・生理学・心理学・側色彩

主な活躍の場

  • ●インテリアメーカー
  • ●ハウスメーカー
  • ●百貨店・インテリアショップ
  • ●建設会社
  • ●建築リフォーム会社
  • ●独立・開業 etc

リビングスタイリスト

販売の現場において十分な技術を身につけた「リテールセールス(接客販売)のプロ」

住生活商品の接客販売はもとより、住宅やリフォームに関わるインテリアやエクステリアのプランニング、販売業務に伴う事務処理、商品計画としての商品管理やアフターサービスなどに携わることができます。

必要な資格

リビングスタイリスト

住生活商品を扱う方にはもちろん、流通の現場で働く方や、コミュニケーション能力・ビジネスマナーを身に付けたい学生の方など、様々な方に最適な資格です。

試験内容

  • ●販売知識(流通・接客販売・ビジネスマナーetc)
  • ●商品知識(家具・窓装飾・照明etc)

主な活躍の場

  • ●建設会社
  • ●建築リフォーム会社
  • ●ハウスメーカー
  • ●工務店 etc

福祉住環境コーディネーター

高齢者や身体障がい者に優しい暮らしを

高齢者や身体障がい者の住みやすさを形にするのが、福祉住環境コーディネーターの仕事です。
様々なケースを想定したユニバーサルデザインの建築物をプロデュースします。

必要な資格

福祉住環境コーディネーター

高齢者や介護を必要とする方々に、安全で住みやすい環境・住宅を提案。福祉、医療、建築、保険、住宅構造、福祉用具などいろいろな知識を持っていて、各分野の専門家の橋渡し的存在です。

試験内容

  • ●福祉と住環境の基礎的知識
  • ●実務を活かすための知識

主な活躍の場

  • ●工務店
  • ●建築リフォーム会社
  • ●ハウスメーカー
  • ●建設会社 etc

プランニング設計・企画系

建築・建設系プランニング

お客様の「ありがとう」のために

ゼネコンや設計事務所、工務店や住宅メーカー、設備機器メーカーなど、建設関連の企業に対して、商品の魅力や技術の高さをアピールするのが主な仕事となります。
提案からアフターフォローまで、全てに関わることにやりがいがあります。

必要な資格

宅地建物取引士

不動産関連会社にとってはなくてはならない存在の宅地建物取引士。
不動産に関わるあらゆる業務に必要とされ、年々受験者が増加する人気職となっています。

試験内容

  • ●権利関係
  • ●宅建業法 etc

ファイナンシャル・プランナー

ライフスタイルや経済環境を踏まえながら、顧客に関するデータを集めて総合的な資金計画を立て、顧客の夢や目標がかなうように一緒に考え、サポートするパートナーが、FP(ファイナンシャル・プランナー)です。

主な活躍の場

  • ●不動産会社
  • ●建設会社●ハウスメーカー●金融関連●独立・開業 etc

インテリア・ハウスメーカー企画

お客様の要望を形に

住宅販売やリフォームなど、主に住宅関係を扱う仕事です。
お客様と設計担当の人たちを繋ぐパイプ役となり、住む人にとってベストな提案をします。

必要な資格

宅地建物取引士

不動産関連会社にとってはなくてはならない存在の宅地建物取引士。
不動産に関わるあらゆる業務に必要とされ、年々受験者が増加する人気職となっています。

試験内容

  • ●権利関係
  • ●宅建業法 etc

ファイナンシャル・プランナー

ライフスタイルや経済環境を踏まえながら、顧客に関するデータを集めて総合的な資金計画を立て、顧客の夢や目標がかなうように一緒に考え、サポートするパートナーが、FP(ファイナンシャル・プランナー)です。

主な活躍の場

  • ●不動産会社
  • ●建設会社
  • ●ハウスメーカー
  • ●金融関連
  • ●独立・開業 etc
トップへ戻る